Mozilla、Android向けの新Webブラウザ「Fenix」を開発中

2019年1月18日 23:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 MozillaがAndroid向けに新たなWebブラウザを開発しているという。このブラウザは「Fenix」と名付けられており、すでにGitHub上でリポジトリが作成されている。ただ、まだプロジェクトは始まったばかりのようで実際に動作するものはまだないようだ(CNET Japan)。

 リポジトリの説明文には「Fenix is not your parent's Android browser.」(Fenixはあなたの親のAndroidブラウザではない」と記されており、若者向けのブラウザではないかとの見方もある。ghaks.netでモックアップが紹介されているが、これによるとアドレスバーが画面下に表示されており、開いていたタブを保存・復元する機能なども備えるようだ。ブラウザの表示エンジンはGeckoベースのものになるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Mozilla | IT

 関連ストーリー:
Firefox 69ではFlashがデフォルトで無効に 2019年01月17日
Mozilla Thunderbird、2019年は積極的な開発を行う方針 2019年01月07日
Firefoxの新規タブに表示された広告のようなスニペット、Mozillaは広告ではないと説明 2019年01月04日
Mozilla、EdgeがChromiumベースになることに対しGoogleの独占を危惧 2018年12月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidMozillaGitHub

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース