ペンス米副大統領が再批判、「中国が国際ルールを無視」

2019年1月18日 15:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:06JST ペンス米副大統領が再批判、「中国が国際ルールを無視」

ペンス米副大統領は16日、「中国当局は国際ルールを無視している」と中国を再び非難した。米ボイス・オブ・アメリカが17日報じた。

ペンス副大統領は同日、米国務省が開催した「駐外公使会議(GlobalChiefsofMissionConference)」で演説を行った。副大統領は演説のなか、複数回にわたって中国当局に言及した。

「中国は近年、世界の安定と繁栄を半世紀にわたり維持してきた国際法とルールを無視してきた。米国としてはもう座視できない」

また、副大統領は、中国当局が「債務トラップ外交」と「不公平な貿易慣行」で影響力を拡大し、南シナ海で「攻撃的な行動」を取っていると批判した。「すべての国は航行の自由と開かれた貿易取引ができるよう、米国は自由で開かれたインド太平洋を支持する」

ペンス副大統領は、中国当局が不公平な貿易慣行を改め、構造改革を実施すべきだと強調した。昨年2500億ドル(約27兆円)相当の中国製品を対象にした追加関税措置を通じて、トランプ政権は「中国に警告した」。副大統領は今後、米中通商協議で中国当局が米中双方の利益にかなう改革に取り組まなければ、対中関税を引き上げると強調した。

副大統領は会議に出席した米国の外交官に対して、中国当局やイスラム過激派テロ組織「ISIS」、イラン、キューバ、ベネズエラなどが「米国が過去半世紀にわたり守ってきた国際秩序を覆そうとしている」が、これに対抗するために「米国が戻ってきた」と述べた。過去の政権の外交・軍事政策を修正したトランプ政権は、「力による平和」の実現に注力し、米の軍事力を強化していくという。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】《US》

広告