自動車向けのレーザーセンシング装置でデジカメのセンサーが損傷

2019年1月18日 10:23

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 11日まで米国・ラスベガスで開催されたCES 2019の会場で、出品されていたLiDAR(レーザー光を使った物体検出技術)搭載自動車を撮影したところ、デジタル一眼レフカメラのセンサーが損傷したという報告が出ている(カメラの持ち主のツイートArs Technica)。

 出品者の米スタートアップ企業AEyeはLiDARとカメラを組み合わせてより高度な人工知覚を実現するという「iDAR」の開発元。破損したカメラの持ち主Jit Ray Chowdhury氏も自律走行技術の専門家で、米スタートアップ企業Ridecell傘下AuroのCTOだ。Chowdhury氏がAEyeの許可を得て写真を撮影したところ、以降の写真すべてに赤い点がみられるようになったという。

 LiDARでは波長1,000nm以下のレーザーを使用することが多いが、人間の眼の網膜を傷つける危険性があるため出力が制限されている。一方、AEyeが使用している波長1,550nmのレーザーは眼球内の液体に阻まれて網膜まで到達しないため、より高出力で利用可能だという。その結果、一般的なLiDARが検出可能な範囲は200~300mなのに対し、AEyeのLiDARは1,000m先まで検出できるそうだ。

 しかし、カメラは眼球と異なり、波長1,550nmのレーザーを阻む液体は存在しない。ショーなどで使われる可視光レーザーでもカメラのセンサーを損傷することがあり、レーザーは人の眼よりもカメラを損傷する可能性が高いとされるが、Chowdhury氏によれば、他のLiDARでカメラが損傷したことはないとのこと。これについて、レーザーをパルスとして出力するAEyeのLiDARではピーク出力が大きいため、カメラが受けるダメージが大きくなったという指摘も出ているとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | 人工知能 | ロボット | 交通

 関連ストーリー:
Uberの自動運転タクシーによる歩行者死亡事故、事前報告書が公開される 2018年05月27日
ストロンチウム原子が放出するレーザー光を一眼レフカメラで撮影した写真 2018年02月21日
自動運転技術開発企業ランキングが発表される。トップはフォード 2017年05月15日
超高速カメラを使って光の衝撃波を撮影することに成功 2017年01月26日
英ヒースロー空港で航空機の着陸中に操縦士の目にレーザー照射、深刻な怪我に 2015年11月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード一眼レフカメラスタートアップ

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース