MSGM、2019-20年秋冬メンズコレクション発表 加速を煽る白熱のレース

2019年1月17日 11:43

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 MSGM(エムエスジーエム)は、2019-20年秋冬メンズコレクションをイタリア・ミラノで発表した。

■“ターボ”でスピードを上昇

 今回のコレクションを象徴するのは、ショーのインビテーションや、モデルが着用しているキャップに描かれた“Turbo(ターボ)”の文字。エンジンに空気を供給し、スピードを上げて発進するかのごとく、アクティブで勢いのあるウェアが展開された。そして、その勢いはショーが進むにつれて拍車をかけていく。

■燃えるような赤などはっきりとした色彩

 カラーパレットは、白、黒のモノトーンカラーに始まり、ベージュ、オレンジ、青、赤。それぞれはっきりとした色調で用いられており、中でも赤は、燃えたぎる炎をプリントしたセットアップや、フェラーリを彷彿させるようなモチーフと“MORE SPEED”のテキストをあしらったセーターなど、白熱のカーレースを思わせる、熱を帯びた色として登場している。

■ステッチを施したレザーブルゾンや炎モチーフのウェア

 その他にも、雑誌の記事をコラージュして転写したベージュのウールコートや、ステッチで絵柄を施したレザーブルゾン、煙のようなグラフィックをプリントしたブラウスとパンツ、赤や黒で仕立て、サイドラインを施したレザーパンツなど、レースの熱狂を連想させるピースが散見された。パンツの裾やセーターの編地には、揺らめく炎が施されており、加速を煽るように、アグレッシブなムードを漂わせている。

■『キャプテン翼』をフィーチャー

 前シーズンの『アタッカーYOU!』に続き、今シーズンは『キャプテン翼』をフィーチャー。印象的なコミックの一場面が、ハーフジップシャツやコートにそのままプリントされている。ステンカラーコートのバックにあしらわれたのは、シュートの瞬間。ダイナミックな迫力のグラフィックに、思わず目を留めてしまう。

■ウエストバッグをアクセントに、フィラのスニーカーも

 ウエストバッグや、首からかけるポケットバッグが、スタイリングのアクセントとして効果的に使われている。落ち着きのあるベージュのチェック柄コートの上に、明るいトーンのイエローのウエストバッグを巻き付けたり、フィラ(FILA)とMSGMのロゴを組み合わせたスニーカーをぶらさげたり。裾に向けて広がるフォルムのアノラックパーカーは、ウエストバッグのベルトを締めることで、シルエットに緩急をつけ、より一層アクティブな雰囲気に仕上げている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードキャプテン翼スニーカーMSGMミラノ

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース