ベッドフォード、2019年秋冬コレクション発表 捻りから生まれる新しいワードローブのかたち

2019年1月17日 11:46

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ベッドフォード(BED J.W. FORD)の2019-20年秋冬コレクションが、イタリア・ミラノで発表された。

■アウター×アウターのレイヤード

 デザイナー山岸慎平が、自己投影を行なったという今季のコレクション。ランウェイを飾るのは、秋冬のスタイリングの主役となるアウター群だ。ボリューミーなエコファーコートや、ウールのテーラードジャケット、ダウン、レザージャケットなど、その種類は様々。アウターとアウターを重ねたレイヤードスタイルも散見された。

■アシンメトリーな裾で捻りを加えて

 中でも目を惹いたのは、ショート丈のフード付きジャケットに、ブラウンのセットアップを組み合わせたスタイル。フード付きジャケットには、丈が不揃いのドローコードが張り巡らされており、モデルが歩く度に、ヒラヒラと観る者に余韻を残す。またそのアウターの下に差し込まれたジャケットは、アシンメトリーな裾が特徴。きっちりとカットされたショート丈のジャケットとレイヤードすることで、その不均一なシルエットがより引き立てられている。

■素材で遊び心を加えたボトムス群

 ラップスカート風のものや、オーバーシルエットのパンツなど、今季もユニークなフォルムのボトムスが健在。さらにそこには、素材の遊び心も加えられていて、ダメージ加工が施されたパンキッシュなセーターに合わせたクロプドパンツには、エレガントなサテンを採用。オレンジのブルゾンとセットしたパンツは、ビビッドなピンクが目を惹くダウンで仕立てられている。

■アディダスの“スリーライン”入りトップスも登場

 またアディダスの名を冠したスポーティーなアイテムも登場。アディダスのアイコニックなスリーラインを施したトップスのスリーブは、スリットを大きく開けたブラックのアウターの袖から顔を出す。また同じくイエローのスリーラインを施したボトムスは、滑らかな光沢感を放つベルベット素材で仕立てたことで、アクティブさをそぎ落とした上品な一着へと昇華している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードベッドフォード(BED JW FORD)ミラノ2019年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース