ニール バレット、2019年秋冬ウィメンズコレクション発表

2019年1月17日 11:47

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ニール バレット(Neil Barrett)2019-20年秋冬ウィメンズコレクションが、イタリア・ミラノにて、メンズとの合同ショーで発表された。

■パンクをキーワードに

 メンズ同様、“パンク”をキーワードに掲げたウィメンズコレクション。様々なサブカルチャーがミックスして生まれたパンクの成り立ちを具現化するように、複数の異素材や柄を混在させたワードローブがランウェイを彩る。

■アニマル模様で作るパンクスタイル

 例えば、最も顕著に“パンクの世界観”が表現されたのは、アニマル模様をあしらったテキスタイルである。胸元に大きくV字のカッティングが入ったミニ丈のワンピースには、ゼブラ、レオパード、タイガーといった複数のパターンが集結。ひと目でハッと目を惹く、エッジのきいた一着へと仕上がっている。またスタイリングには、パンキッシュなテイストを助長するブラックのジャケットをセレクト。ハードに仕上がりがちなスタイリングだが、インナーを覗かせるPVCでジャケットを仕上げたことで、軽やかな空気感を纏っている。

■アシンメトリーなドレスを差し込んで

 異素材をドッキングしたボックスジャケットも登場。光沢感のあるワインレッドのジャケットのラペルには、マットな質感のブラックのテキスタイルを差し込んで。またジャケットの下には、同色でありながら軽やかな素材のドレスが差し込まれている。アシンメトリーなシルエットを描くドレスの裾は、モデルが歩くたびに揺らめき、女性の美しい足もとを際立たせる。パンクなテイストの中にも、女性の色気を引き立てるバランスが計算されているのだ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードニール バレット(Neil Barrett)ミラノ2019年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース