CAC Holdings 3年連続で東京都スポーツ推進企業に認定される。ボッチャの普及・支援の活動が評価

2019年1月15日 16:28

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:28JST CAC Holdings---3年連続で東京都スポーツ推進企業に認定される。ボッチャの普及・支援の活動が評価
CAC Holdings<4725>は10日、「平成30年度東京都スポーツ推進企業」の認定を受けたことを発表。同社の認定は2016年より3年連続となる。


「東京都スポーツ推進企業認定制度」とは、社員のスポーツ活動を促進する取組みや、スポーツ分野における支援を実施している企業等を認定しているもので、2015年から開始され、2018年度は264社が認定された。

同社グループは、2016年より取り組んでいる障害者スポーツ「ボッチャ」の普及・支援の活動が評価された。2018年は、ボッチャボール間の距離を自動測定するAndroidアプリである「ボッチャメジャー」の無料配信や用具寄贈プロジェクトの実施などを通じ、ボッチャの普及・支援を推進した。

また、同社グループは、昨年に引き続きスポーツ庁により、「スポーツエールカンパニー」にも認定されている。《SF》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース