「ムーミンバレーパーク」ムーミンの物語体験テーマパーク、埼玉・飯能に

2019年1月14日 22:10

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」が、埼玉県飯能市の宮沢湖を中心とした広大なエリアにオープン。2019年3月16日(土)、ムーミンの世界を体験できる施設「メッツァ(metsä)」内に開業する。

 フィンランド語で“森”を意味するメッツァ。その名の通り「メッツァ」では、自然溢れる緑の空間でムーミンのファンタジーや北欧の文化体験や暮らしに触れることができる。なお、パーク内は2018年11月にオープンした北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」と、新たにオープンするムーミンバレーパーク」の2ゾーンに分かれている。

 メッツァビレッジの詳細はこちら>>

■ムーミンと仲間たちに出会える「ムーミンバレーパーク」

 ムーミン一家とその仲間たちに出会える「ムーミンバレーパーク」には、彼らが仲良く暮らすムーミン屋敷や物語を体験できる複数のアトラクション、レストランやショップといった様々な施設がオープン。また、パーク内には、水浴び小屋や灯台など、ムーミンの世界を再現したオブジェやモチーフなどを随所に設置されている。

■ムーミン屋敷

 地上3階と屋根裏部屋、地下室からなるムーミン屋敷は、ムーミン一家やその仲間たちの存在を感じられるよう、原作を忠実に再現した施設。地下室は食糧が保管してある貯蔵庫、1階はキッチン&ダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋、そして屋根裏部屋はムーミンパパが執筆を行ったりする書斎となっている。

■展示施設

 ショップ、レストラン、作品展示の要素が集結するのが、展示施設。世界最大級の品揃えとなるショップと、ムーミンの物語をテーマにしたメニューが楽しめるレストランがオープンする1階、ムーミンの物語や原作者トーベ・ヤンソンを作品展示や映像上映で紹介する2階、物語の様々なシーンを巡りながら、ムーミンの魅力をインタラクティブに体感出来る3階の全3フロア構成で、ムーミンの世界を様々な角度から紹介する。

■海のオーケストラ

 「海のオーケストラ号」は、勇気や挑戦、友情、家族の絆をテーマとした、体感モーフィングシアターの手法を用いたアトラクションが楽しめる。物語に登場する「海のオーケストラ号」に乗って、ムーミンたちと一緒に冒険の旅へ。壁面や床面、造形物と様々な場所に映像を投影することで、これまでにない没入感と臨場感あふれる体験が楽しめるという。

 そのほか、ムーミンとその仲間たちによるライブエンターテインメントが繰り広げられる「エンマの劇場」、自然の中で遊べるアスレチックやツリーハウスが点在する「おさびし山」など、原作の大きな魅力である文学性やアート性にあふれた空間でムーミンの世界が体験出来る。

■オフィシャルホテルおよびパートナーホテル発表

 「ムーミンバレーパーク」公認のオフィシャルホテルおよびパートナーホテルでは、より快適な時間を過ごせるようなメニューを用意する。

 オフィシャルホテルとなるのは、ホテルマロウド (大宮、熊谷、成田、八王子、飯能) 、レンブラントホテル(厚木、海老名) 、ベストウエスタン レンブラントホテル 東京町田 、ベストウエスタン (東京西葛西、東京西葛西グランデ、横浜)。入場制限がかかっても入園保証のある入園チケットを用意するほか、宿泊者のみ「ムーミンバレーパーク」内で購入できる限定グッズ、「ムーミンバレーパーク」よりオリジナルグッズをプレゼントする。一方パートナーホテルは、休暇村奥武蔵とナチュラルファームシティ農園ホテルが対象。パートナーホテルでは、入場制限がかかっても入園保証のある入園チケットの用意、および宿泊者へ「ムーミンバレーパーク」よりオリジナルグッズをプレゼントを実施する。

■オープン場所は埼玉県飯能市の宮沢湖

 同施設を開業するフィンテック グローバル株式会社は、オープンの場所に地域住民の憩いの場である埼玉県飯能市の宮沢湖をセレクト。ここはムーミン作品のテーマの1つでもある“自然の共生”、そしてムーミンの棲む自然あふれるムーミン谷の世界を体現するにふさわしい。それでありながら、都内から1時間以内で来られ、さらに横浜からも電車1本で来られる抜群の立地条件だ。

■詳細

 ムーミンバレーパークオープン時期:2019年3月16日(土)グランドオープン所在地:埼玉県飯能市宮沢431番3外58筆及び湖畔市有地敷地面積:約7,000平方メートル施設内容:複合施設、飲食施設、物販施設、アトラクションおよびエンタテイメント施設、フォトスタジオなど入園料:おとな(中学生以上) 1,500円(税込)、こども(4歳以上小学生以下) 1,000円(税込)有料施設:・飛行おにのジップラインアドベンチャー 1,500円(税込)・海のオーケストラ号 1,000円(税込)・ムーミン屋敷 ガイドツアー 1,000円(税込)※3歳以下は入園料無料。※2019年3月16日オープン以降、「ムーミンバレーパーク」現地にて、当日券の販売を実施。※有料施設のチケット販売は、2月1日(金)10:00より開始。■前売り日程販売開始日時:2019年1月12日(土) 10:00~販売対象期間:2019年3月16日(土)~3月31日(日)販売場所:「メッツァ」公式WEBサイト(https://ticket.metsa-hanno.com/)※「ムーミンバレーパーク」入園チケットは2月以降、毎月1日00:00に翌々月までの分を購入可能。なお、2月1日(金)00:00より、4月30日(火)までの分を購入できる。■オフィシャルホテルおよびパートナーホテルオフィシャルホテル:ホテルマロウド (大宮、熊谷、成田、八王子、飯能) 、レンブラントホテル(厚木、海老名) 、ベストウエスタン レンブラントホテル 東京町田 、ベストウエスタン (東京西葛西、東京西葛西グランデ、横浜) パートナーホテル:休暇村奥武蔵、ナチュラルファームシティ農園ホテル

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース