国際 RSS

 

米国、一部政府機関閉鎖で国立公園がゴミだらけに

2019年1月11日 14:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 アメリカでは国境の壁の予算問題過去記事)をめぐり、2週間以上にわたって一部政府機関の閉鎖が続いている。その影響が国立公園にもおよび、トイレを清掃したりゴミを回収するスタッフがいなくなっているそうだ。

 この影響で、カリフォルニア州南部にあるジョシュア・ツリー国立公園では「人の排泄物が溢れた」ことから1月2日にキャンプ場を一時的に閉鎖した。このほか、ヨセミテ国立公園なども閉鎖に追い込まれたほか、ワシントンD.Cの近くにある国立公園ナショナル・モールのゴミ箱もゴミがあふれているという。

 過去にも政府機関の閉鎖はあったが、こうした事態は今まで起きなかったという。過去の同様の事例では、政府機関が閉鎖すると公園も閉鎖されていたためだ。しかし、今回は政府機関閉鎖中も公園を開放していたことから問題が発生したとしている。

 国立公園保護協会(NPCA)は、公園の入場料を利用してメンテナンスを行うと発表したものの、400以上ある国立公園のうち、料金を徴収しているのはわずか117箇所だけ。どの程度まで各公園に予算が行き渡るのか不明だ。また、野生生物への影響や入場料によって本来行われる予定だったサービスなどにも影響が出るとみられている(Business InsiderNATIONAL GEOGRAPHICSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | アメリカ合衆国 | 政府 | お金

 関連ストーリー:
国境の壁をめぐる対立で予算が成立せず、米政府機関の一部が閉鎖される 2018年12月23日
米トランプ政権、来年度予算でクリーンエネルギー関連予算を72%削減か 2018年02月06日
地球温暖化に懐疑的なトランプ氏の大統領就任によってNASAの気候変動関連研究が止まるおそれ 2016年11月28日
NASAの宇宙探査向け予算、増加の見込み? 2014年12月26日
2015年度の米国科学予算、科学計算関連は大幅に増加。核融合や天文分野は減少に 2014年03月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ

広告