長崎ハウステンボス「100万本の大チューリップ祭」、夜はイルミネーションも

2019年1月11日 14:52

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 長崎・ハウステンボスにて、「100万本の大チューリップ祭」が2019年2月9日(土)から4月14日(火)まで開催される。

 「100万本の大チューリップ祭」では、ヨーロッパの街並みに日本最多700品種のチューリップが咲き誇る。昼は満開のチューリップに囲まれ、夜はイルミネーション「光の王国」が行われるなど、ハウステンボスが1年で最も贅沢な季節となる。

■2つの新スポットが登場

 今年は、個性豊かな2つのチューリップスポット新たに誕生。1つ目は、パレス ハウステンボス宮殿内に設けられた、チューリップで彩られた「チューリップウォール」だ。さらに宮殿内では、 チューリップで美しくデザインされたフラワ ーアート作品も展示される。

 2つ目は、パレス ハウステンボス前庭で、春の花代表“桜とチューリップ”がコラボレーションだ。スペシャルウィークの間、桜とチューリップの織り成す美しいコントラストを同時に楽しむことが出来る。他にも、風車とチューリップ畑というハウステンボスならでは風景堪能できる「フラワーロード」や、生演奏が聴ける「アムステルダム広場」など、様々な場所が色鮮やかなチューリップで彩られる。

■詳細

 長崎・ハウステンボス「100万本の大チューリップ祭」開催期間:2019年2月9日(土)~4月14日(火)※スペシャルウィーク:3月16日(土)~4月7日(日)住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1【問い合わせ先】ハウステンボス総合案内TEL:0570-064-110

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションアムステルダムイルミネーションハウステンボス

広告

写真で見るニュース

  • 新型「718スパイダー」(画像: ポルシェの発表資料より)
  • NASAによるエウロパ表面のイメージ。左側の黄色がかった部分が、塩化ナトリウムの濃度が濃い部分。(c) NASA/JPL/University of Arizona
  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
 

広告

ピックアップ 注目ニュース