ドーン 2Qは売上高が17.3%増、クラウドサービスの利用料収入や受託開発売上が増加

2019年1月11日 14:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:10JST ドーン---2Qは売上高が17.3%増、クラウドサービスの利用料収入や受託開発売上が増加
ドーン<2303>は10日、2019年5月期第2四半期(18年6~11月)決算を発表した。売上高が前年同期比17.3%増の3.21億円、営業利益が0.16億円(前年同期は0.04億円の損失)、経常利益が0.18億円(同0.02億円の損失)、四半期純利益が0.12億円(同0.02億円の損失)となった。

「NET119緊急通報システム」や「DMaCS(災害情報共有サービス)」等の防災関連のクラウドサービスの拡販に努めるとともに、地方自治体の防災・防犯関連システムや民間企業の受託開発案件の受注獲得に注力した。以上の結果、クラウドサービスの契約数が積み上がったことによる利用料収入の増加や、クラウドサービスの初期構築費の計上等により受託開発売上が増加し、売上高は前年同四半期比17.3%増となった。

なお、事業として顧客の決算期が集中する3月に売上計上される受注が多いため、第4四半期会計期間に売上高が偏重する傾向があることから、各四半期の業績に季節変動がある。

2019年5月期通期の業績予想については、売上高が前期比5.3%増の8.80億円、営業利益が同11.1%増の1.80億円、経常利益が同10.2%増の1.83億円、当期純利益が同11.4%増の1.27億円とする期初計画を据え置いている。《SF》

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース