中国のIT企業、インドのスマホアプリ市場に参入しシェアを獲得

2019年1月9日 09:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国のスマートフォンアプリ開発者らがインドに注目しているそうだ。その結果、インドで普及しているAndroidアプリ上位100のうち44が中国製になっているという(TechCrunch)。

 インドで人気のアプリを提供している中国メーカーとしては、「TikTok」などで知られるByteDanceやAlibaba、Tencent傘下のNewsDogなどが挙げられている。また、AlibabaやTencentなどはインド企業への投資も増やしているそうだ。こうした大手中国企業傘下のインド企業がインド向けのアプリを開発するケースもあるという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 携帯電話 | IT | 中国

 関連ストーリー:
Netflixの最大の競争相手は睡眠ではなくYouTube 2018年12月14日
インドの携帯通信キャリア専用ブランド、全世界の携帯電話出荷台数でトップ10に入る可能性 2018年10月27日
iPhoneがインドの携帯電話ネットワークから切断される可能性 2018年07月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国AndroidインドTikTok

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース