USB Type-C認証プログラムが発足

2019年1月8日 15:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 USBインプリメンターズ・フォーラム(USB-IF)がUSB Type-C認証プログラムを立ち上げた(Engadget JapaneseプレスリリースForbes)。

 このプログラムでは認定USB Type-C充電器/デバイス/ケーブル/電源を認証するための標準プロトコルが規定されており、認証システムを採用したUSB機器ではUSB Type-Cでの接続時にこのプロトコルを使って接続した機器を認証できるようになる。これにより、たとえば認証されていない充電器やケーブルに接続した場合には充電を行わない、といったことが可能になる。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | ハードウェア | セキュリティ

 関連ストーリー:
欧州委員会、携帯電話の充電端子統一に再挑戦 2018年08月10日
混沌が続くUSB Type-C 2018年06月13日
USB Type-C ケーブルの技術検証レビューをAmazonに多数投稿していたユーザー、AmazonからBANされる 2018年05月23日
USB Type-Cケーブルの仕様を確認できるチェッカーが販売される 2018年05月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードUSB Type-C

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース