ファーウェイ、iPhoneから公式Twitterアカウントの投稿を行った担当者を処分

2019年1月7日 22:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 中国・華為技術(HUAWEI)の公式Twitterアカウント担当者が、同社の競合となるiPhoneを使って公式twitterアカウントの投稿を行ったとして、降格および減給の処分を受けたそうだ(ロイターTechCrunch)。

 処分の理由は「HUAWEIのブランドを傷つけた」ためだという。SNSへの投稿を外注していた代理店のVPNで障害が発生して利用できない状態だったため、普段投稿を行っている端末ではなく香港製のSIMとiPhoneを使って投稿を行ってしまったのが原因だそうだ。

 HUAWEIはiPhoneの競合となるスマートフォン「Mate」シリーズなどを発売している。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Twitter | IT

 関連ストーリー:
米戦略軍、「何か大きなものを落とす用意がある」と大晦日にツイートして謝罪 2019年01月05日
Huaweiの年間スマートフォン出荷台数が2億台を超える 2018年12月28日
Huawei Mate 20 Proに「余計なもの」は存在しないという検証結果 2018年12月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国TwitteriPhoneファーウェイ(Huawei)

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース