IoTホステル「&AND HOSTEL」、日経優秀製品・サービス賞で優秀賞

2019年1月7日 12:20

小

中

大

印刷

(画像: and factoryの発表資料より)

(画像: and factoryの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 and factory(東京都目黒区)は、日本経済新聞社が主催する「2018年日経優秀製品・サービス賞」において、同社が提供するIoT体験型宿泊施設「&AND HOSTEL」が「優秀賞 日経産業新聞賞」を受賞と発表した。&AND HOSTELは「世界とつながるスマートホステル」を標榜した、近未来のIoT空間を楽しめるホステルだ。購入するにはまだ早いが、IoTのある暮らしには興味があるという新しい物好きのユーザーに、IoTのある暮らしを宿泊を通じて気軽に体験してもらおうというコンセプトで立ち上げられた。

【こちらも】IoT活用で宿泊者の利便性拡大、「変なホテル」に客室内タブレット「tabii」導入

 「&AND HOSTEL」最大の特徴は、室内に設置されている全てのIoTデバイスを、スマートフォンから一元管理できる点にある。スマートロックや照明・エアコンのON/OFFなど、使いこなせれば非常に便利なIoTデバイスだが、これまではスマートフォンにインストールされている、各製品の専用アプリを別々に立ち上げて1つずつ操作する必要があり、操作が直感的ではなかった。便利な生活を提供するはずのIoTが、むしろ煩雑さを生み出していたと言える。

 しかし、&AND HOSTELではand factoryが独自に開発した専用アプリ「&IoT」を操作するだけで、室内に設置されている全てのIoTデバイスを操作することが可能だ。これにより、IoTデバイスの本当の利便性を、生活の中で体感できるようになったと言えるだろう。また同社は、&AND HOSTELを運営する中で浮き彫りになった、宿泊業界における課題をIT化を通じて解決するソリューションも複数提供している。

 宿泊管理システム「innto(イントゥ)」や客室タブレットサービス「tabii(タビー)」がそれに当たる。inntoは、俗にPMSと呼ばれるホテル向けの宿泊管理システムだ。日々の業務から集積された情報を生かし、よりスマートな顧客対応や販売戦略策定の手助けをする。

 tabiiは宿泊者が無料で利用できる客室タブレットサービス。施設案内や観光情報、各種エンターティメントサービスを視聴することができるだけでなく、宿泊約款や施設案内、各種お知らせを電子化することや、電話や対面で対応する必要があった宿泊者からの問い合わせをtabii内のQ&Aチャットボットや案内表示に置き換えることが可能だ。宿泊者の利便性を向上させながら、経費カットの効果も期待できる。

 今回受賞の決め手となったのは、&IoT・intoo・tabiiの3つのサービスを独自に開発しただけにとどまらず、それらを外販している点も大きく評価されている。また現在深刻な人手不足に陥っているホテル業界の問題点を解消する、モデルケースとしても評価が高い。同社の取り組みが、日本国内におけるIoTの普及をより一層進展させることを期待したい。

関連キーワードIoT(Internet of Things)ホテル

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • A321XLRのイメージ。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 水推進エンジンを搭載した実証衛星(画像: 東京大学の発表資料より)
  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース