ディガウェル、2019年春夏コレクション発表

2019年1月2日 09:56

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ディガウェル(DIGAWEL)は、2019年春夏コレクションを発表した。

■“マッス”の追究と服の構想

 今回のコレクション製作にあたり、研究を重ねたのは“マッス(Mass)”。空間の中で、1つのかたまりとして知覚されるものについて思いを巡らせ、服を構想した。

■新たなボトムスのシルエット

 追究の結果、ボトムスには洗練されたシルエットが新たに加わり、全体のボリューム感とバランスに変化がもたらされている。ストレート、スリムフィット、テーパード、ワイドパンツ、ショートパンツなど、フォルムは多彩だが、いずれも無理のない自然な服地の流れを実現。ワイドパンツは、しなやかな落ち感とともに緩やかなフォルムを描き出し、テーパードパンツは、なだらかなテーパードの角度に設定されている。スラックスやストレートパンツは、真下に向かって真っすぐに落ちる、端正なシルエットを描いている。

■トップスの丈で遊びを

 トップスは、丈の長短で遊びを見せた。プレーンなカットソーは、腰を覆う程の長さに設定することで、コーディネートの中での存在感を増し、テーラードジャケットやブルゾンはあえて丈を短くすることで中のインナーを効果的に見せている。

■きめ細やかな色彩感覚

 また、繊細な色彩感覚も今季の特徴。表面の肌理まで色彩の一部として考え、またプリントウェアを大幅に抑えることで「色」に焦点を当てている。印象的なのは、ライトブルー。ミニマルなシャツを彩るライトブルーは、グレーがかってシックなイメージを放ち、アクティブなフード付きパーカーや、ドルマンスリーブのブルゾンの色調は、表面に刻まれたシワ感やドレープも相まって快活な表情に。細いラインのストライプシャツは、ホワイトが間に入ることで、明るいトーンになっている。

■構築的ウェアのレイヤード

 構築的なフォルムのウェアにも注目したい。トレンチコートのディテールをそのまま取り入れたベストや、ショート丈のサファリベストは、クリーンなセットアップやコートの上にレイヤード。また、ジャケットから袖部分を取り除いたような、タイトなデニムジャケットは、緩やかなサイズ感のシャツの上から重ねられた。異なるムードのアイテムを意外性のあるバランスで組み合わせることで、斬新な均衡のスタイリングを生み出している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードディガウェル(DIGAWEL)2019年春夏コレクション

広告

財経アクセスランキング