バレンタインに向け約120ブランド集結!西武池袋本店「チョコレートパラダイス」

2018年12月31日 17:17

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「チョコレートパラダイス 2019」が、西武池袋本店にて2019年1月19日(土)から2月14日(木)まで開催される。

 「チョコレートパラダイス 2019」では、国内外の約120ブランドが集結。大切に贈るための贅沢なショコラはもちろん、自分へのご褒美チョコレート、そして会場ですぐに味わえるメニューまでが揃う。

■初登場ブランド&西武池袋本店限定チョコレートが多数登場

 初登場となるのは、「ル・ショコラ・アラン・デュカス」、「チョコレートライン」、「ドゥルミアン」、「ナカムラ チョコレート」、「トーキョーチョコレート」といった面々。特に「チョコレートライン」は西武池袋本店のためのショコラ「カカオプランテーション」を用意した。そのほか、「フレデリック・カッセル」や「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」といった“バレンタインと言えば”のお馴染みチョコレートブランドのほか、「ラデュレ」や「アンリ・ルルー」などの有名スイーツブランドからも個性豊かなラインナップを用意する。

■行列必至!2つの人気ブランドも

 行列必至の人気ブランドは必ず足を運びたい。毎年、バレンタインシーズンのみチョコレートの一般販売を行う、アメリカ・ロサンゼルス発のチョコレートブランド「イヴァン・ヴァレンティン」のトリュフは必見だ。また、オーガニックにこだわる「ジャン=ミッシェル・モトロー」からは、シチリア産ナッツなどを使用した“優しいショコラ”が展開される。

■その場で楽しめるスイーツ

 会場では、その場で楽しめるスイーツも充実。「カカオ サンパカ」のチョコレートドリンクのセット、「ゴディバ」のショコラワッフルなどが揃うなか、ピックアップしたいのは、「ガトーフェスタ ハラダ」のダークチョコレートを使用したソフトクリーム。「グーテ・デ・ロワ ノワール」のダークチョコレートを使用した滑らかなソフトクリームに、サクサクのラクスを添えた西武池袋本店限定の1杯だ。

【開催概要】チョコレートパラダイス 2019開催期間:2019年1月19日(土)~2月14日(木)会場:西武池袋本店 本館7階=催事場■商品価格例ル・ショコラ・アラン・デュカス「デクヴェルト」15個入 6,048円 ※初登場ルノトール「キューブルノトール」5個入 2,592円チョコレートライン「カカオプランテーション」6個入 2,398円 ※初登場・西武池袋本店限定ドゥルミアン「フルーツ&フラワー」6個入 2,301円 ※初登場・西武・そごう限定ジャン=ミッシェル・モルトロー「ガトー・デュ・クール~ブリュー~」6個入 2,214円 ※西武・そごう限定イヴァン・ヴァレンティン「イヴァン トリュフ」12個入 6,687円ガトーフェスタ ハラダ「ソフトクリーム・デ・ロワ ノワール」1個 501円 ※西武池袋本店限定カカオ サンパカ「ショコラトル&チョコラータセット」1セット/各1杯 648円 ※西武池袋本店限定

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードゴディバ(GODIVA)チョコレートバレンタイン西武池袋本店

広告

写真で見るニュース

  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース