東光東芝メーターシステムズ製スマートメーターでトラブル多発 約9.7万台交換へ

2018年12月28日 22:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東光東芝メーターシステムズの電力向けスマートメーターに不具合が相次いでいるという。そのため、東京電力および中部電力管内に設置されたスマートメーター約9.7万台を取り替えるとのこと(朝日新聞東京新聞 日経新聞)。

 657台で異音が確認され、16台で部品の一部が焼損しているという。コンデンサーに不良があり、想定以上の電流が流れたのが原因とみられている。一方でこういったトラブルが発生していることについては公表されていなかったようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
電力小売り自由化後、未だに電気料金システムのトラブルは解消せず 2016年06月29日
東京電力、スマートメーターの方針を転換。TCP/IPベースのオープンな仕様に 2012年07月13日
スマートメーターはハッキングが容易? 米国では大規模盗電事件が発生 2012年04月12日
東電のスマートメーター国際入札は出来レース? 2012年03月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース