神戸物産 2018年11月度の個別業績は、新店効果で売上高が前年同期比7.3%増の218.97億円

2018年12月27日 11:22

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:22JST 神戸物産---2018年11月度の個別業績は、新店効果で売上高が前年同期比7.3%増の218.97億円
神戸物産<3038>は25日、2018年11月度の個別業績について発表した。

売上高は前年同期比7.3%増の218.97億円、売上総利益は同26.7%増の17.98億円、営業利益は同37.4%増の11.79億円、経常利益は同32.8%増の12.13億円であった。

11月度は、業務スーパーの新規出店が7店舗、リロケーション等による閉店が5店舗で、店舗数は2018年11月末で815店舗となり、前年同期より28店舗増加したことによる新店効果で売上高が増加した。
直轄エリア既存店への商品出荷実績は前年同期比3.3%増、直轄エリア全店への商品出荷実績は同6.9%増、全国全店への商品出荷実績は同7.4%増となり、堅調に推移している。

商品動向については、飲料関係は気温が高かったことにより比較的好調。対して冬物商材の販売は苦戦となった。冷凍野菜については、青果の価格が平年並みに落ち着きを見せる中、認知度の向上もあって引き続き好調な売れ行きとなった。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
  • 車の鍵を失くした場合は、焦らず冷静に対応することが重要である。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース