香川県、「うどん県PR団」に『ポケモン』ヤドン任命 鳥取はサンドに

2018年12月21日 18:48

小

中

大

印刷

香川県とポケモンの「地域活性化に関する連携・協力協定」調印式の様子。(c) 2018 Pokémon. (c) 1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc (写真: 香川県の発表資料より)

香川県とポケモンの「地域活性化に関する連携・協力協定」調印式の様子。(c) 2018 Pokémon. (c) 1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc (写真: 香川県の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 12月17日、香川県は『ポケモン』キャラクターのヤドンを「うどん県PR団」に任命し話題となっている。この『うどん県PR団』就任を記念して、22日には香川の特別名勝 栗林公園でヤドンのグリーティングもおこなわれることになった。

【こちらも】日曜18時の新枠で『ポケモン』が『まる子』と視聴率対決

 一方、同じ『ポケモン』キャラであるサンドは、日本一の砂丘で知られる鳥取県のPR担当「とっとりふるさと大使」に期間限定で任命されている。

■うどんとヤドンで「うどん県PR団」に任命?

 香川県は12月17日、“株式会社ポケモン”との間で「地域活性化に関する連携・協力協定」を締結し、『ポケモン』のキャラクターである“ヤドン”が、『うどん県PR団』として活動することを発表した。

 うどんと言えば香川を代表する食べ物だが、「ヤドン」と「うどん」は一文字違いの…つまりこのコラボ企画は“駄ジャレ”から始まったもの。

 2018年4月12日から30日まで、香川県では「うどん県」と「ヤドン」のコラボイベントとして『ヤドンパラダイスin香川』を開催していた。このイベントではヤドンのスタンプラリー、ARカメラを使った『ポケモンGO』撮影会、コラボグッズにはヤドンと同じピンク色のうどんを作るなど、まさに“ヤドン”尽くしだ。

 このヤドン就任を記念して、香川県では12月22日に観光地として知られる「特別名勝 栗林公園」商工奨励館正面で、ヤドンのグリーティングをおこなうと発表。当日、ヤドンは15分程度×4回の登場を予定している。

■砂=サンド?期間限定でサンドが鳥取の大使に

 鳥取県では12月6日から2019年1月14日までの40日間、『ポケモン』キャラである「サンド」を鳥取県をPRする「とっとりふるさと大使」に任命。こちらもヤドン同様、「砂丘=砂=sand(サンド)」からきた駄ジャレだ。

 コラボ企画として「サンドおいでフェスin鳥取」を実施中。「スタバ」ならぬ「すなば珈琲」が期間中「さんど珈琲」に改名し、県内4店舗で特別メニューを、7店舗で「さんど珈琲」グッズを販売する。

 ゲームのコラボといえば、佐賀県とスクウェア・エニックス『ロマンシング サ・ガ』とでおこなった「ロマンシング佐賀(ロマンシング サガ)」などが有名だが、どうやら地方自治体には駄ジャレ好きが多いのかもしれない。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワードコラボレーションポケモン鳥取県香川県

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース