『記憶屋』山田涼介主演で実写映画化 “記憶”をめぐる感動のヒューマンラブストーリー

2018年12月18日 09:29

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 織守きょうやの小説『記憶屋』が実写映画化。山田涼介主演、平川雄一朗監督で、2020年に公開される。

■ベストセラー小説を実写映画化

 『記憶屋』は、第22回日本ホラー小説大賞<読者賞>を受賞し、刊行以降累計35万部を越え、「泣けた」「感動した」などの絶賛口コミが殺到した織守きょうやの小説。人々が持つ「忘れたい記憶」と「忘れたくない記憶」の中の、想いや切なさに焦点を当てた、「記憶」をめぐる感動のヒューマンラブストーリーが描かれている。

■ストーリー

 人の記憶を消せる記憶屋っていう人がいるらしい―。 大学生の遼一は、年上の恋人・杏子と幸せな日々を送っていたが、プロポーズをした翌日から連絡が取れなくなってしまう。そして、数日後に再会できた杏子は、遼一の記憶だけが無くなっている杏子だった。

 遼一はにわかには信じることができなかったが、都市伝説的な“記憶屋”のことを知り、大学の先輩で弁護士の高原に相談し、杏子が記憶を失った原因を探すことに。幼馴染の真希や高原の助手・七海らとともに調べていくと、遼一は人々の中にある「忘れたい記憶」やその奥にある想いなどに触れていくことに。そして、その先には彼らの運命を大きく変える真実があった―。

■山田涼介主演&芳根京子、蓮佛美沙子、佐々木蔵之介出演

 主人公の吉森遼一を演じるのは、Hey! Say! JUMPの山田涼介。『ナミヤ雑貨店の奇蹟』や『鋼の錬金術師』といった映画作品にも出演し、アイドルとしてだけでなく、俳優としても幅広く活動している。『記憶屋』では、愛する人が自分だけの記憶を失った事実に戸惑いながら、消えた記憶の真実に触れる、等身大ながら繊細なキャラクターに挑む。

 遼一の幼馴染・河合真希役は、『累-かさね-』の芳根京子。幼馴染として遼一と一緒に記憶屋探しを手伝い、一番近くで彼を支えるが、実は遼一への想いを胸に秘める切ない女性を演じる。

 その他、遼一の元恋人・澤田杏子役は蓮佛美沙子が、遼一の大学の先輩で弁護士の高原智秋役は、佐々木蔵之介が演じる。主演の山田涼介にとって、芳根・佐々木とは初共演、蓮佛とは『鋼の錬金術師』以来の共演となる。

■『僕だけがいない街』の平川雄一朗が監督に

 監督は、映画『ツナグ』『僕だけがいない街』『春待つ僕ら』、ドラマ「JIN-仁-」などを手掛けた平川雄一朗。見る人の心の琴線に触れるヒューマンドラマを丁寧に描き出す。

■詳細

 『記憶屋』映画化公開時期:2020年監督:平川雄一朗脚本:鹿目けい子、平川雄一朗出演:山田涼介、芳根京子、蓮佛美沙子、佐々木蔵之介原作:織守きょうや「記憶屋」(角川ホラー文庫刊)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード鋼の錬金術師佐々木蔵之介山田涼介ナミヤ雑貨店の奇蹟僕だけがいない街芳根京子春待つ僕ら記憶屋

広告