ローソン、「なだ万」監修の恵方巻が登場 辻利の宇治抹茶使用のスイーツも

2018年12月17日 20:20

小

中

大

印刷

なだ万監修 「恵方巻 舞」(画像: ローソンの発表資料より)

なだ万監修 「恵方巻 舞」(画像: ローソンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • なだ万監修「海鮮恵方巻 華」
  • 「リラックマ恵方巻セット」
  • 「節分 なが~いリラックマロール(チョコバナナ)」

■コンビニ初!「なだ万」監修の恵方巻2種類が登場

 ローソンでは18日より、2019年の節分に向けた恵方巻やスイーツなどの予約を開始する。今回は1830年創業の老舗料亭「なだ万」が監修した恵方巻2種類が登場。厳選された素材とこだわりの味わいが楽しめる。予約受付期間は、「恵方巻・節分そば」が2019年1月29日18:00、「節分スイーツ」が1月28日18:00、「節分和菓子」が1月21日18:00までと、それぞれなっている(価格はすべて税込み)。

【こちらも】ローソン、手軽に楽しめるホリデー向け「おひとり用サイズ」のスイーツ発売

■「なだ万」監修の数量限定恵方巻

 「なだ万監修 恵方巻 舞(1本)」:780円
 7種類の具材(穴子、玉子焼、菜の花、海老、椎茸、胡瓜、トビウオの卵)が入った老舗料亭「なだ万」監修の太巻き。特製のだしで味付けした玉子焼や、脂ののった穴子など厳選された食材で仕上げられたメニュー。数量限定。

 「なだ万監修 海鮮恵方巻 華(1本)」:1,580円
 6種類の海鮮具材(本ズワイガニ、車海老、いくら、ほたて、イカ、トビウオの卵)が入った本格派海鮮巻き。「なだ万」のこだわりと贅沢感にあふれたメニュー。数量限定。

■定番から神戸牛を使ったメニューまでバラエティに富んだ恵方巻

 「神戸牛たっぷり恵方巻」:980円
 神戸牛の量を昨年に比べ約25%も増量。牛肉と相性の良いごぼうや小松菜、玉子焼も入っている。

 「恵方巻」:420円
 玉子焼、おぼろ、胡瓜、椎茸、穴子、高野豆腐、かんぴょうの7種類が入った定番の太巻き。3本セットは1,150円。

 「海鮮恵方巻」:450円
 漬まぐろ、サーモン、海老、イカ、トビウオの卵、カニフレークなど8種類の具材が入った海鮮太巻き。3本セットは1,200円。

 「リラックマ恵方巻セット」:980円
 鶏照焼、ツナマヨネーズなど子供にも人気の具材が入った太巻き。鬼の格好をしたリラックマの絵柄ミニタオルが2枚セットになっている。数量限定。

■一緒に注文できる麺類やスイーツも

 つるりとしたのどごしの「節分ざるそば」(350円)、だしにこだわった「節分海老天そば」(498円)、さらに「節分鴨南蛮そば」(498円)も販売。

 人気のスイーツでは辻利一本店の宇治抹茶を使用した「お餅で巻いた切れてる和ロール(黒みつきなこ)」が登場。もちもちとした食感の抹茶生地と求肥で、きなこクリームと黒みつを巻き込んだメニューとなっている。このほかにも「節分ロール(苺&バナナ)」やリラックマのロールスイーツ、豆大福や上生菓子といった和菓子も用意されている。

 「なだ万」監修の本格派太巻きの味わいを堪能できるローソンの恵方巻。毎年いろいろな商品が販売されるが、平成最後の節分はちょっとリッチに楽しめる。(記事:Natsuki・記事一覧を見る

関連キーワードローソン恵方巻リラックマ