DuckDuckGo、ドメインduck.comの権利をGoogleから取得

2018年12月16日 21:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ドメイン「duck.com」の所有権がGoogleからDuckDuckGoへ移動したそうだ(The Vergeの記事VentureBeatの記事BetaNewsの記事NameProsの記事)。

duck.comは以前On2 Technologies(元Duck Corporation)が所有していたドメインで、2010年にGoogleがOn2を買収したことで所有権がGoogleに移動した。On2はこのドメインを使用していなかったようだが、Googleはduck.comへのアクセスをGoogleの検索ページへリダイレクトしており、DuckDuckGoは反競争的だと批判していた(DuckDuckGoは2008年設立)。

批判を受けたGoogleは今年7月、リダイレクト先をDuckDuckGoへのリンクを含むon2.comのランディングページに変更していた。現在はduck.comにアクセスすると、duckduckgo.comへリダイレクトされるようになっている。ドメインの所有権移動に関する条件等は公表されていない。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Google、Android端末メーカーへのアプリ有料提供など、欧州での新ライセンスオプションを発表 2018年10月20日
EU、Googleに罰金5700億円という過去最高金額の制裁金支払いを命じる 2018年07月20日
Webブラウザー「Brave」、プライベートタブにTorを統合 2018年07月02日
Firefoxに「忘れるボタン」が実装される 2014年11月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle

広告