地球地下の深部には膨大な量の微生物が存在 「ちきゅう」の採掘から判明

2018年12月15日 10:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 地球の地下に、莫大な量の微生物が存在するという調査結果が明らかになった(ScienceDailyAFP)。

 この調査結果は、地球深部探査船「ちきゅう」によって採掘された資料を調べた結果判明したもの。発見された微生物は多岐にわたり、「地下のガラパゴス」のようだとも表されており、その遺伝的多様性は地上のものを上回る可能性もあるようだ。

 これら微生物は高温高圧の過酷な環境で生き延びており、数十万年から数百万年にもわたって存在してきた可能性があるという。

 また、発見された単細胞有機体の一つは、海底の熱水噴出孔の中で見つかったもので、121度の環境でも増殖が可能な超好熱菌「Strain 121」(学名:Geogemma barossii)の可能性があるという。地下深部で生きる同様の奇妙な微生物は、火星など他の惑星の地底にも存在する可能性があるとしている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | サイエンス

 関連ストーリー:
人間の取水活動で地球上の淡水の分布は変化している 2018年05月23日
SETIの天文学者が考える、地球以外に微生物が存在する可能性のある太陽系の天体7つとは? 2017年09月28日
国際チーム、地球深部探査船「ちきゅう」によるマントルの掘削に挑戦。予算見積もりは約10億ドル 2012年10月05日
地球の中心まで穴を掘れ 2003年05月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース