同人誌の違法配信サイト、作者が損害賠償を求め提訴

2018年12月14日 09:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 同人誌を無断でアップロード・配信していたとして、「萌えアヘ同人」や「エロマンガピーポー」といった漫画の違法配信サイトを運営していたホームページ制作会社「エニセンス」とその代表が提訴された。原告は無断公開されていた同人誌の作者で、損害賠償として1,000万円を求めている(ITmedia)。

 同サイトでは運営者が自らコンテンツを不正に複製してアップロードし、それによって広告収入を得ていたと見られている。原告側が同社らに対し損害賠償を求めたところ、同社らは同人誌が二次創作であることを理由に「広告費約6300円のうち、5%にあたる317円を原告に支払う」などと主張したため交渉が決裂、提訴に至ったようだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 法廷 | 著作権

 関連ストーリー:
Cloudflare、海賊版サイト「漫画村」の運営者を開示 2018年10月10日
福岡県警など、出版社らからの告訴を受けて海賊版サイトの捜査に着手 2018年05月15日
海賊版配信サイトに広告を出稿していた企業や仲介代理店に対し批判の声 2018年04月16日
日本漫画家協会、海賊版サイトへの懸念と利用自粛を求める見解を公表 2018年02月15日
海賊版コンテンツへのリンクをまとめたサイト、著作権法違反で摘発 2017年11月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 客室乗務員の新制服(画像: 日本航空の発表資料より)
  • エコニコール製クッションが採用されたRobocar Walk(三井化学発表資料より)
  • 7月24日に発売されるKindle Oasisの新モデル。(画像: アマゾンジャパンの発表資料より)
  • トヨタ フォーチュナー  (画像:TOYOTA Motor Philippinesの発表資料より)
  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース