安川電機は「華為の設備投資、いったん凍結」と伝わり一時軟化

2018年12月13日 14:43

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■後場寄り後に一時4%安となったが1%高へと回復

 安川電機<6506>(東1)は12月13日の後場、一時4%安の2995円(125円安)まで軟化する場面があったが、14時を過ぎては1%高の3150円(30円高)前後へと回復している。13時前、ブルームバーグニュースが「華為の設備投資、『いったん凍結』安川電社長-」(Bloomberg12月13日13時20分更新より)と伝え、材料視されたようだ。

 報道によると、実際には「設備案件をいったん全て止めて、中を整備している状態」(同)とされ、株価は持ち直している。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース