ソフトバンク、「AQUOS zero」14日から予約受付 AQUOS初の有機EL

2018年12月12日 08:50

小

中

大

印刷

「AQUOS zero」(画像: シャープの発表資料より)

「AQUOS zero」(画像: シャープの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ソフトバンクは、超軽量ボディのシャープ製スマートフォンのフラッグシップモデル「AQUOS zero」の予約受付を14日から開始することを発表した。6インチ以上のディスプレイと3000mAhのバッテリー、IPX5以上の防水性能を持つスマートフォンとしては世界最軽量となる146gの超軽量ボディだ。国内での取り扱いはソフトバンクのみで、価格や具体的な発売日についてはまだ発表されていない。

【こちらも】シャープ、有機ELスマホ「AQUOS zero」発売 韓国勢の牙城に一撃

 「AQUOS zero」は本体重量の軽さが最大の特徴のモデルだ。6.2インチの大画面ディスプレイで146gの重量は驚異的と言えるだろう。バッテリー容量も3130mAhと大きく長時間の使用が可能で、CPU性能も高くシャープ製スマートフォンとしては最高性能を持つフラッグシップモデルとなっている。

 ディスプレイにはシャープ製の有機ELディスプレイが採用され、高解像度で美しい映像表現が可能となり軽量化にも成功した。軽量スマートフォンは強度が心配となるが、マグネシウム合金と「テクノーラ」という高強度アラミド繊維をボディに使うことで強度も非常に高い。さらに映像技術「Dolby Vision」と音響技術「Dolby Atmos」、ステレオスピーカーが採用されている。それらの技術と高解像度の有機ELディスプレイと併せて、スマートフォンとは思えない臨場感あるゲーム体験や動画の再生などが魅力だ。

 プロセッサには、SDM845のオタクコア2.8GHz+1.7GHzを採用し、メモリは6GB。ストレージは128GBと大容量でフラッグシップモデルに相応しいハイスペックを誇る。さらに、おサイフケータイや生体認証(顔、指紋)対応など機能面も申し分ない。また、充電時の発熱を抑える「パラレル充電」という機能に対応しており、充電中に動画再生やゲームなどをしても、発熱を抑えて使用が可能だ。

 カメラ性能は特に売りにはしていないが、アウトカメラは2260万画素、インカメラは800万画素と、こちらも高性能だ。(記事:風祭・記事一覧を見る

関連キーワードソフトバンクシャープ有機EL

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース