ゼネラル・オイスター、2018年最後のオイスターバイキング 期間限定で

2018年12月11日 21:30

小

中

大

印刷

バイキングのイメージ。(画像: ゼネラル・オイスターの発表資料より)

バイキングのイメージ。(画像: ゼネラル・オイスターの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

■2018年最後のオイスターバイキングで牡蠣メニューを堪能!

 ゼネラル・オイスターでは、2018年最後のオイスターバイキングを12月15日から開催する。生牡蠣や焼き牡蠣、牡蠣フライはもちろん、パスタやグラタン、磯辺焼きや天ぷらなどバラエティに富んだメニュー25種類が食べ放題となる。牡蠣が美味しく食べられるこの季節。牡蠣好きにはたまらないフェアとなっている。

【こちらも】くら寿司、超豪華ネタ「ずわいがに」や「のどぐろ」のフェア開催

■オイスターバイキングの一押しメニュー

 絶対に外せないのが「旬の真牡蠣」、焼くことにより旨みが凝縮される「牡蠣の素焼き」、衣はサクサクで中はジューシーな「牡蠣フライ」などの定番メニュー。寒い季節にぴったりの「牡蠣のクリームグラタン」、芳醇な香りのポルチーニとコラボした「牡蠣とポルチーニのクリームリゾット」もオススメ。また牡蠣の出し汁の旨みがたまらない「牡蠣たっぷりのペペロンチーノ」、バゲットとの相性が良い「牡蠣ときのこのアヒージョ」といった人気メニューも食べ放題になっている。

■牡蠣の意外な味わいが楽しめるメニューも

 上記以外のメニューも充実しており、「香草ガーリックバターの焼き牡蠣」「牡蠣のバターソテー」「牡蠣の炙り焼きイクラのせ」「ウニと牡蠣醤油の焼き牡蠣」「アンチョビとガーリックの焼き牡蠣」など、人気の定番メニューが並ぶ。

 ウニやイクラ、真鯛、ローストビーフなどの贅沢な素材とのコラボも見逃せない。牡蠣の意外なレシピや、初めての味にもめぐり会えそうだ。

■オイスターバイキングの概要

 オイスターバイキングは各店舗1日15名限定。期間は22日までとなっており、各日17時から。料金は、120分制で、4,980円(小学生以下は3,280円)。飲み放題オプションは、1,500円(価格はいずれも税抜)。2日前までに電話予約が必要だ。なお、開催は東京や大坂、福岡などの17店舗限定となる。(記事:Natsuki・記事一覧を見る

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース