Google、設定ミスで「黄色い画像」を誤って高単価の広告として配信

2018年12月10日 22:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 12月3日、インターンとしてGoogleで働いていたスタッフが研修で広告関連システムの操作を行っていた際に誤って高単価で広告枠を購入してしまうミスが発生したという。その結果、Googleの広告配信システムを採用している米国やオーストラリアのWebサイトの広告枠に単なる黄色の画像が大量に配信されたようだ(iPhone ManiaBBC)。

 Google経由で販売される広告では、設定された単価が高額なものほど優先的に表示される。今回誤って設定された広告の単価は1000回の表示あたり(CPM)270ドルと、一般的なWeb広告の単価と比べて大幅に高額に設定されていたため、多くのサイトで優先的に表示されてしまったようだ。この設定は45分ほどで修正されたとのことで、Googleは広告を表示したサイトに対しきちんと支払いを行う方針とのこと。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | 広告 | IT

 関連ストーリー:
Bing検索結果にGoogle Chromeの偽広告が出現 2018年11月01日
ドイツの裁判所、ミススペルでのWeb検索を狙った広告の出稿差し止めを命じる 2018年01月05日
Google、スマートフォン向け広告で誤クリックを防ぐ仕組みを導入へ 2012年12月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogle

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース