テスラの自動車が運転者爆睡で暴走 停車させるまでに7分かかる

2018年12月7日 09:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 現地時間11月30日午前3時30分ごろ、カリフォルニア州レッドウッド市にある高速道路101号線を1台のTesla Model Sが70マイル(時速112km)の速度で爆走していたらしい。それをハイウェイパトロールが追いかけ、車内を見るとそこには衝撃的な光景があった。運転者は運転者は酔っ払った上で爆睡していたという。自動車は自動操縦モードで運行されていた模様(San Francisco ChronicleSlashdot)。

 隊員たちはModel Sの前に自分たちの車両を移動させ、徐々に減速させて停車させたようだ。安全に停車させるまでに7分を必要としたという。なお、テスラはこの事件についてコメントを拒否しているとのこと。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
自動運転技術を使って「新車の匂い」を消す技術、フォードが特許を申請 2018年11月26日
オランダ警察、犯人が乗る自動車の自動運転機能を遠隔操作して逮捕する研究 2018年11月23日
Teslaの「完全自動運転」機能、実現はまだ先? 2018年10月24日
ほとんどの運転手は車の安全システムを理解しないまま使っている 2018年10月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードテスラモーターズ

「自動車・二輪車・部品」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース