JR東、山手線の自動運転に向けた試験を深夜に実施へ

2018年12月6日 22:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 JR東日本が、山手線の自動運転に向けて試験走行を行うことを発表した(産経新聞乗り物ニュースプレスリリース)。

 試験走行が実施されるのは12月29日および30日、来年1月5日、6日の終電後。自動列車運転装置(ATO)を使って山手線上を一周させ、加速・減速といった車両制御やその際の乗り心地の確認などを行うという。

 ただ、安全面などの課題もあり、実際に自動運転で営業運転を行う予定はまだ立っていないようだ。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
「運転を楽しむ」日本人ドライバーは43%、下落傾向 2018年11月28日
自動運転技術を使って「新車の匂い」を消す技術、フォードが特許を申請 2018年11月26日
真空チューブでない現実的な高速交通システム、コロラド州での導入が検討される 2018年03月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR東日本自動運転山手線

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース