Microsoft、Chrommiumベースのブラウザ「Anaheim」を開発中か

2018年12月6日 10:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Windows Centralが匿名の提供者からの情報として、MicrosoftがChromiumベースのWebブラウザを開発していることを伝えている。

 将来的な名称やユーザーインターフェイスがどうなるかはまだ不明だが、このブラウザは「Anaheim」というコードネームで開発されており、Windows 10のEdgeを将来的に置き換えるものになるという。

 また、最近MicrosoftのエンジニアがARM向けChromiumにコードをコミットしており、これはARM版WindowsでChromiumベースのブラウザを動かすための布石になっているのではないかとも推測されている。実際にいつこのブラウザが発表されるかは分からないが、2019年前半にリリースが予定されているWindows 10 version 1903(19H1)で何らかの発表があるのではないか、と記事の著者は推測している。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | Windows

 関連ストーリー:
Microsoft Edgeブラウザに新たな脆弱性、リモートコード実行が可能 2018年11月09日
Vivaidiのシェア、IE6に迫る 2018年11月09日
主要ブラウザーは2020年にTLS 1.0/1.1を無効化する計画 2018年10月18日
Mozillaのベテラン開発者、10年前にはFirefoxは負けると考えていた 2018年06月12日
Microsoft、iOS/Android版のMicrosoft Edgeを発表 2017年10月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10Chromium

広告

写真で見るニュース

  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース