イギリス警察、AIで犯罪犯す可能性のある人に「危険スコア」 テスト運用

2018年12月6日 10:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 イギリス警察が、犯罪を予測するAIをテスト運用しているという(ギズモードSputnik)。

 コンピュータによる犯罪予測については以前から研究が進められており、2010年には『米フロリダ州、「犯罪予測システム」導入へ』という話題もあった。日本でも京都府警神奈川県警が興味を示している。

 今回イギリス警察が導入するシステムは、犯罪データベースや個人情報データベースから情報を収集し、「1400種の指標」から犯罪を犯す可能性がある人に対し「将来的に犯罪を犯す可能性」(危険スコア)を付けるという。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 犯罪 | 人工知能

 関連ストーリー:
神奈川県警が犯罪発生をAIで予測するシステム導入、2020年頃に試験運用目指す 2018年01月31日
英ダーラム警察、容疑者を拘束するかどうかを判定するAIシステムを導入予定 2017年05月16日
京都府警が「犯罪予測システム」を導入へ 2016年02月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイギリス

広告

写真で見るニュース

  • DS 3 CROSSBACK。(画像:プジョー・シトロエン・ジャポン発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース