手軽に呼気アルコールを計測するコンパクトなチェッカー サンコーが発売

2018年12月4日 09:15

小

中

大

印刷

二日酔いアルコールチェッカー(サンコー発表資料より)

二日酔いアルコールチェッカー(サンコー発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 息を吹きかけるだけで、簡単に呼気中のアルコール濃度を計測できるポケッタブルのアルコールチェッカー「二日酔いアルコールチェッカー」が、サンコーより発売された。

【こちらも】タニタ、アルコールチェッカー「EA-100」、軽量コンパクトで簡単計測

 「二日酔いアルコールチェッカー」は、同社のネットショッピングサイト「サンコーレアモノショップ」で、1,580円(税込)で購入できる。アドバンスセミコンダクターアルコールセンサーを採用し、単四電池2本で駆動。大きさは、高さ11cm、幅5cm、厚さ2cmとコンパクトなうえ、重量も36gと、ポケットに入れて持ち運べる造りとなっている。

 アルコール測定は、電源を入れてウォームアップ10秒後に、吹き口に息を吹きかけるだけで、呼気中アルコール濃度を0.00から0.19%BAC(1Lあたり0.0から1.9g)の範囲で計測できる。測定の精度は0.05% BACの時にマイナス0.01%からプラス0.02%となっている。

 また、呼気アルコール濃度が注意を要する濃度:0.02から0.05%BACの場合には、表示部に『Caution』マークを表示して知らせてくれる。このレベルのアルコール濃度は、「ほろ酔い状態で、判断力が鈍るレベル」とされている。さらに、呼気濃度が0.05%BAC以上と、危険なレベルの場合は、『Danger』マークを表示するだけでなく、ビープ音も鳴らして注意喚起する。この濃度レベルは、「体温が上昇、脈も早くなり、理性が失われ始める」とされている。

 飲みすぎると、翌朝、体内にアルコールが残っていないか気になるが、二日酔いアルコールチェッカーがあれば手軽に呼気のアルコールをチェックできるため、自身の状態をより正確に知ることができる。今後のアルコール摂取に制限をかけるなど、自己管理にも役立てることだろう。

関連キーワードサンコー

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース