マルニ×ポーター第12弾、ミニバッグを中心としたボーダー&ストライプミックスの全12アイテム

2018年11月29日 17:03

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 マルニ(MARNI)とポーター(PORTER)のコラボレーション第12弾となる2019年春夏コレクションが登場。2018年11月30日(金)より取扱各店舗で発売される。

 12回目となるコレクションでは、2つのカラーバリエーションを用意。ダークブルーのボーダーとレッドのストライプを組み合わせたプリントに加え、ネイビーとブラックの無地のファブリックにカーキのテープを組み合わせたバイカラーのものを展開する。

 さらに、各アイテムのフロント部分に取り付けられた両ブランドのレザータグやファスナーの引手は、シリーズ初のオリーブグリーンカラーが採用されている。

 アイテムは、ミニバッグを多くラインナップ。さらに、携帯電話などの精密機器を保護するため、薄く丈夫なナイロン・リップストップとポリエステルジャージーを重ね、軽くしなやかで張りのある造形に仕上げた。

【詳細】
マルニ×ポーター第12弾 2019年春夏コレクション
発売日、販売店舗
・2018年11月30日(金)
マルニ(名古屋 ISETAN HAUSうめだ阪急阪急メンズ大阪)
・2018年12月1日(土)
マルニ(伊勢丹新宿店メンズ館京都バル神戸バル玉川高島屋S・C)
・2018年12月12日(水)
ユナイテッドアローズ(六本木ヒルズ店福岡店金沢店)
価格例:
・2WAY TOTE BAG (PRINT)37,000円、(BI COLOR)37,000円
・2WAY BRIEF CASE (PRINT)56,000円、(BI COLOR)53,000円
・2WAY SHOULDER BAG (PRINT)60,000円、(BI COLOR)55,000円
・FANNY BAG (BI COLOR)43,000円
・MINI SHOULDER (PRINT)39,000円、(BI COLOR)36,000円
・KNAPSACK (PRINT)39,000円、(BI COLOR)36,000円
・KNAPSACK SMALL (PRINT)28,000円、(BI COLOR)25,000円
・3WAY BONSAC (BI COLOR)79,000円
・POUCH (BI COLOR)36,000円
・LONG ZIP WALLET (PRINT)30,000円
・COIN CASE (PRINT)16,000円
・KEY CASE LEATHER 4,000円

■期間限定ショップ

ポーター 表参道店
期間:2018年12月1日(土)~2019年1月7日(月)
住所:東京都渋谷区神宮前 5-6-8
TEL:03-5464-1766
・イセタン羽田ストア メンズ ターミナル 1
期間:2018年12月5日(水)~12月25日(火)
場所:羽田空港 国内線 第1旅客ターミナル2階 ゲートラウンジ北15番搭乗口付近
TEL:03-5757-8700
※搭乗の人のみが入場できるゲートラウンジにて開催
トゥモローランド 渋谷店
期間:2018年12月7日(金)~2019年1月14日(月)
住所:東京都渋谷区渋谷 1-23-16 1F、B1F
TEL:03-5774-1711
※2019年1月1日(火)は休業
・銀座三越 6F GINZA ステージ
住所:東京都中央区銀座 4-6-16
TEL:03-3562-1111
期間:2018年12月12日(水)~12月25日(火)
ポーター グランフロント大阪
期間:2019年1月26日(土)~2月25日(月)
場所:グランフロント大阪 南館3階
住所:大阪府大阪市北区大深町 4-20
TEL:06-6359-3055

【問い合わせ先】
株式会社マルニジャパン
TEL:03-6416-1024

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーション六本木ヒルズ伊勢丹新宿店マルニ(MARNI)ユナイテッドアローズ銀座三越ローランド玉川高島屋グランフロント大阪2019年春夏コレクション

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース