汎用的なスペックのPC、店頭での購入は難しいか

2018年11月27日 23:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 PCライターの山田祥平氏が、PCにさほど詳しくはない一般人が適切なスペックのPCを購入するのが難しくなっていると問題提起を行っている

 記事によると「Core i3かCore i5で8GBメモリ」という、汎用性のあるスペックの国内メーカーPCが店頭では見当たらなかったという。通販であれば選択肢は広まるが、クレジットカードを持っていないと購入のハードルは高い。

 ギリギリPCは利用できるがスマートフォンは有効利用できないという老人世代もいるということで、そういう世代に向けたPCの販売方法を各社は考えるべきではないか、とされている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | ノートPC

 関連ストーリー:
米国でも若者のPC離れ、パスの概念の理解やタッチタイピングスキルが欠けている 2018年11月07日
若者の「縦スクロール」離れ 2018年03月12日
今時の若者はPCを使えない? 2018年01月31日
「PCとキーボードを使う人」はIT弱者? 2017年04月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース