今度は三菱電機子会社で検査不正

2018年11月22日 23:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 日本企業による品質不正や検査不正が相次いでいるが、今度は三菱電機子会社のトーカンで品質検査を行わずに品質データの数値を改ざんして製品の出荷を行なっていたことが明らかになった(朝日新聞東京新聞毎日新聞日経新聞)。

 問題となっている製品はパッキンなどのゴム製品で、約10年前からデータの捏造があった疑いがある。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
スバル、完成検査不正発覚後も不正を続けていた 2018年11月07日
日立化成でも検査不正が発覚 2018年11月05日
今度はKYBが免震制震装置でデータ改ざん 2018年10月19日
今度はクボタで検査不正、顧客の要求した仕様とは異なるものを数値書き換えして納品 2018年09月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード三菱電機

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース