JASRAC、18年上半期の著作権使用料徴収額は前年同期比13億円増に

2018年11月21日 21:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日本音楽著作権協会(JASRAC)の2018年度上半期に徴収した著作権使用料は合計約523億5000万円で、前年同期比で13億円増加したという(弁護士ドットコムNEWSORICON NEWS)。

 サブスクリプション型配信や動画投稿サービスからの徴収が大きく増加したほか、大規模公演などのコンサートからの徴収も好調だったという。一方で「オーディオディスク」からの徴収は前年比で1割以上減少した。こういった背景から分配額は前年同期比で18.2億円減となっている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | YRO | 著作権

 関連ストーリー:
全米レコード協会による2018年の米音楽業界収益、4分の3がストリーミング配信によるものに 2018年09月27日
米音楽業界の売上、ストリーミングサービスの成長によって増加傾向 2018年03月26日
「基本無料」のスマホゲームでJASRACに支払う楽曲利用料金が話題に 2017年11月20日
坂本龍一、JASRACに苦言 2017年11月15日
YouTubeが著作権者に支払った分配金は2014年以降分だけでも10億ドル、音楽業界に理解を求める 2016年07月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権JASRAC

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース