ローソン、GODIVA監修冬メニュー3品発売 コラボ初の“ホットドリンク”も

2018年11月21日 19:17

小

中

大

印刷

「MACHI café × GODIVA ホットチョコレート」(写真:ローソンの発表資料より)

「MACHI café × GODIVA ホットチョコレート」(写真:ローソンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「Uchi Café × GODIVA フォンダンショコラ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「Uchi Café × GODIVA ショコラミルフィーユ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「ウチカフェ 贅沢チョコレートバー 初摘み茶葉のほうじ茶」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「ウチカフェ ほうじ茶ラテ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • 「MACHI café ほうじ茶ラテ」(写真:ローソンの発表資料より)

■GODIVA監修の冬メニュー発売

 ローソンは27日より、GODIVAとのコラボにより、ドリンクタイプの「ホットチョコレート」や、温めて食べるスイーツ「フォンダンショコラ」、「ショコラミルフィーユ」を発売する。冬の訪れに向け、寒いシーズンでも温かく、甘いひとときを過ごせる冬のメニューをそろえる。1個350円~380円(価格はいずれも税込)。

【こちらも】ローソン、糖質少なめで人気の「ブランパン」をリニューアル 新商品も

■商品ラインナップ

 「MACHI Café×GODIVA ホットチョコレート」:380円
 GODIVAとのコラボでは初となるドリンクタイプのホットチョコレートだ。ケーキなどの仕上げに使われるクーベルチュールチョコレートは、GODIVAが厳選して選び、そこにMACHI caféのホットミルクを注いだ。飲む前によく混ぜると、よりカカオの香りが楽しめる。

 「MACHI Café×GODIVA フォンダンショコラ」:350円
 チョコレートケーキの中から、上質なカカオの香りと濃厚な口当たりのチョコレートガナッシュが溶け出す、豊かな味のフランスのチョコレートケーキ・フォンダンショコラ。電子レンジで温めるとよりおいしい。

 「MACHI Café×GODIVA ショコラミルフィーユ」:350円
 深いコクのチョコレートでコーティングし、低温で焼いたサクッとした食感のパイと香り高いカカオのチョコレートクリームを5層に重ねたショコラミルフィーユ。軽やかな食感で、奥深いチョコレートの味が楽しめる。

 ローソンは、2017年6月より、“一期一会”をテーマにGODIVA社とコラボ。これまで、計15商品を発売し、累計1,600万個を販売。2018年6月には1周年記念し、餅を使った初の和スイーツ「生ショコラ大福(260円)」も発売している。

■「ほうじ茶」商品も発売

 また、ローソンは20日より、人気のほうじ茶を使った「ウチカフェシリーズ」の商品を今年も発売する。

 商品は、初摘み茶葉のほうじ茶を使った初のアイス「ウチカフェ 贅沢チョコレートバー 初摘み茶葉のほうじ茶(185円)」と、国産一番茶葉のほうじ茶を使ったカップ飲料「ウチカフェ ほうじ茶ラテ(178円)」。また、20~50代を中心に累計販売数約350万杯を売り上げている「MACHI café ほうじ茶ラテ」も、MACHI café導入店舗で発売中だ。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードローソンゴディバ(GODIVA)チョコレートケーキ

広告

写真で見るニュース

  • WAKAZEの定番商品ラインナップ(画像: WAKAZEの発表資料より)
  • 土星探査機カッシーニが明らかにしたタイタン北半球の海や湖 (c) NASA/JPL-Caltech/Univ. Arizona/Univ. Idaho
  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース