米金利見通し引き下げの可能性?

2018年11月19日 12:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:30JST 米金利見通し引き下げの可能性?
 18日に閉幕したアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議では、通商政策を巡って米中首脳が対立し、APEC首脳宣言は採択できなかった。ただ、19日早朝のアジア市場でドル・円は先週末の終値水準(112円80S180銭台)で推移しており、APEC首脳宣言が採択できなかったことに対する目立った反応は観測されていない。

 目先における市場関係者の関心は、米国金利の動向に向けられているようだ。クラリダ米連邦準備制度理事会(FRB)副議長は16日、米CNBCのインタビューに、「経済の現状、およびFRBの景気見通しを踏まえると、中立的であることは理に適う」と指摘した。ただ、市場場関係者はクラリダ副議長が「米国の生産性が上昇していることは楽観視している」との見方を示したことを注目している。生産性の上昇がインフレ加速を抑える働きをすれば、追加利上げの必要性は低下する。2019年以降の利上げ軌道について、来年1月29日−30日開催のFOMC会合で議論されるとの思惑が浮上している。《MK》

「注目トピックス」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース