Windows 10、「おすすめ」アプリとして勝手にLINEアプリをインストール

2018年11月13日 22:49

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Windows 10の「ストア」アプリには、ユーザーの同意なしに勝手に「おすすめ」のアプリをインストールするという機能があるという。この機能で「LINE」アプリが勝手にインストールされる例が最近報告されているようだ(did2memo.net)。

 この機能はWindows 10のバージョン1511より導入されたもので、「Microsoftコンシューマーエクスペリエンス」を無効にすることでオフにできるというが、この設定はEnterprise・Education版でしか適用されないとのこと(マイクロソフト Network & AD サポートチーム公式ブログ)。

 また、勝手にインストールされたアプリはスタートメニューでそのアプリの項目を表示させ、右クリックメニューから「アンインストール」を選択すれば良いとのこと。

 スラドのコメントを読む | Windows

 関連ストーリー:
Windows 10で他のブラウザーを使用しているとMicrosoft Edgeの広告が表示される? 2016年11月06日
Windows 10 Anniversary Updateの一般提供が始まる 2016年08月03日
Windows 10の大型アップデートでスタートメニューに表示されるアプリ広告、倍増へ 2016年05月20日
Windows 10 Insider Preview、スタートメニューに広告が表示されるとして話題に 2015年10月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードLINEMicrosoftWindowsWindows 10

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告