トーガ、2019年春夏コレクション発表

2018年11月13日 22:22

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 トーガ(TOGA)の2019年春夏コレクションが発表された。テーマは、"SPORT,AIR,SCRUNCHED"。

■世界の都市から着想したピース

 今シーズン、着想源となったのは、世界中の様々な国や都市で目にする光景、そこからイメージできるもの。それぞれの都市が内包する都会的な空気や、エキゾチックな雰囲気、クラシカルなムードを、トーガらしい感性でミックスしたピースが展開された。

■スポーティーなサイクリングパンツを主役に

 最も特徴的に取り入れられたのは、ニューヨークやLAなど、アメリカの都市で目にすることの多いスポーティーなサイクリングパンツだろう。脚にぴったりとフィットするハーフパンツは、ビビッドな色彩や華やかなパターンに彩られ、ランウェイに度々登場している。サイクリングパンツをはじめとするスポーティーなアイテムは、"自ら身体を鍛え、デザインし、コントロールする"という、アメリカの都市に暮らす人々が持つ意思をも汲み取ったものだ。

 ヨーロッパの街並みから連想される中世の石像やロココ調の花柄は、襟の付いたシャツ風トップスに配した。テーラード風ジャケットやアーガイル柄ニットなどに採用した、袖から腕を覗かせるディテールも、西欧のロングマントにインスピレーションを得ている。ジャケットとプリーツスカートのセットアップに見られる力強い色彩のフラワープリントは、インドの街並みをイメージしたものだ。

 異なるテイストをミックスさせるアプローチは、アイテム1つとってみても明白で、クラシカルな模様を描いたサイクリングパンツや、異国情緒溢れる花柄のマント風ジャケットなどに見て取れる。また、ロココ調のフラワープリントシャツに、エキゾチックな花柄パンツを組み合わせるなど、コーディネートによってミックススタイルを試みるルックもあった。

■エアリーなオーガンザを多用

 素材は春夏らしい透け感や、ふわりとした浮遊感を持つオーガンザを多用。空気を含んだように軽やかなジャケットコートや、エアリーなドレスを提案している。

■くしゃっとしたディテール

 洋服の表面に生み出された、くしゃっとしたディテールも目を惹く。ジャケットにドローコードを施したり、ドレスのスリーブや前見頃にギャザーを寄せたり、アウターにデコラティブなフリルを配したり...くしゃくしゃとした装飾が、様々なピースに奥行きある表情を与えている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードTOGA(トーガ)2019年春夏コレクション

広告

写真で見るニュース

  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 初飛行を行う機体。(画像: エアバスの発表資料より)
  • 「グランドチェロキー・トラックホーク」。(画像:FCAジャパン発表資料より)
  • 「翠~濃茶~」(画像: ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • V7 III Rough。画像は海外仕様のもの。(画像:ピアッジオ グループ ジャパン発表資料より)
  • 西暦1054年に超新星爆発を起こした残骸「おうし座のかに星雲M1」(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース