McAfeeの「パソコン動作を軽くする対策8選」記事に時代遅れとの批判

2018年11月13日 08:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 McAfeeの公式ブログが10月23日付けで「パソコンが重いと感じた時すぐできる解決策!動作を軽くする対策8選」という記事を公開したのだが、ここで取り上げられている「対策」が時代遅れだという指摘が出ている。

 McAfeeのブログに掲載されている「今すぐできる8つの解決策」は下記の通りだ。

 常駐アプリケーションの無効化 
 容量の大きいファイルの削除、移動 
 使っていないアプリケーションの削除 
 デフラグをかける 
 ディスクのクリーンナップをする 
 ブラウザのキャッシュをクリアする 
 視覚オプション(アニメーション表示)の解除 
 再起動を行う しかし、昨今のPCは比較的多めのメモリを搭載しており、またCPUの能力も向上しているため、一般的な常駐アプリケーションであればPCの動作への悪影響は少ない。また、ファイルやアプリケーションの削除、ブラウザのキャッシュクリアはストレージ空容量を増やすことはできるものの動作速度への影響は少ない。デフラグやディスククリーンアップなども同様だ。「視覚オプション」についても、昨今のPCではほぼ影響はない状況である。

 また、この記事の内容をほぼそのまま紹介しているマイナビニュースの記事についても「時代遅れ記事を鵜呑みしパクるクソ記事」と批判されている。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | ノートPC

 関連ストーリー:
Google、WindowsやMac風のエラーメッセージを延々と表示する動画CMを公開 2018年08月07日
昨今のHDDは熱によるプラッタの消耗によるトラブルが多い? 2017年09月22日
Linus Torvalds氏曰く、「ノートPCのディスプレイ解像度は2560×1600ピクセルを基準にするべし」 2012年11月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース