小惑星「オウムアムア」、地球外生命体の探査機という説

2018年11月10日 09:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 昨年10月、「太陽系外から飛来した可能性がある極めて高い」という彗星が発見された(過去記事)。この彗星は「オウムアムア」と名付けられ、「 金属質で細長い葉巻型」であることが分かっているが、米ハーバード大学の研究者らがこれについて地球外生命体から送り込まれた「探査機」である可能性に言及している(AFP)。

 オウムアムアは「想定よりも速い速度」で太陽から遠ざかっているそうで、これは「未知の力」によるものではないかという仮説が出ているそうだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
地球外生命体を信仰するブラジルの新興宗教 2018年09月11日
史上初めて観測された恒星間天体は彗星だった 2018年07月01日
宇宙からサイバー攻撃が行われる可能性、天体物理学者らが警告 2018年03月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード地球外生命ハーバード大学

「宇宙技術・天体」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース