セイコー、「ドライバーのための腕時計」を35年ぶり復刻 数量限定で発売

2018年11月8日 16:52

小

中

大

印刷

左:SBJG001、右:SBJG003。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)

左:SBJG001、右:SBJG003。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 1983年オリジナルモデル。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • SBJG005。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • SBJG006。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • SBJG007。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • SBJG009。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • SBJG011。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • SBJG013。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)

 1983年に発売された、セイコーウォッチとジウジアーロ・デザインのコラボレーションモデルが復刻される。カラーの異なる2機種それぞれ限定3,000本で合計6,000本、またセレクトショップとのコラボレーションによるエクスクルーシブモデルも12月上旬から中旬にかけて全国で順次発売される。以下、価格は全て税抜。

【こちらも】セイコー、ピエール・エルメプロデュースの限定ウォッチを11月9日発売

■GIUGIARO DESIGN Limited Edition

 品番SBJG001/SBJG003、オリジナルに最も忠実な復刻版。販売数量各3,000本、価格はSBJG001が3万5,000円、SBJG003が3万9,000円。発売予定日は11月23日。特徴は、1983年のオリジナルモデルから受け継いだ、四輪車や二輪車のドライバーがハンドルを握った状態で時刻が確認しやすい右に傾いたディスプレイである。ベゼルを回転させると、アラーム、タイマー、ストップウオッチなどの多彩な機能に切り替えることができる。

■GIUGIARO DESIGN Limited Edition nano・universe Exclusive Model

 品番SBJG005、近未来的なシルバー色のケースに反転液晶を採用、赤とオレンジの差し色を加えてレトロな雰囲気を醸し出す。3万5,000円、販売数量は500本。発売予定日は12月上旬~中旬となっている。

■GIUGIARO DESIGN Limited Edition BEAMS Exclusive Model

 品番SBJG006、圧倒的な存在感を主張するオールゴールドのケースが特長。ユニセックスに活用できる。3万9,000円、販売数量は500本。発売予定日は12月上旬~中旬。

■GIUGIARO DESIGN Limited Edition UNITED ARROWS Exclusive Model

 品番SBAJG007。グレーとアイボリーのカラーリングがレトロさと上品さを演出。3万9,000円、販売数量500本、発売予定日は12月上旬~中旬。

■GIUGIARO DESIGN Limited Edition SHIPS Exclusive Model

 品番SBJG009。鮮やかなブルーの液晶が個性的なモデル。3万9,000円、販売数量は500本。発売予定日は12月上旬~中旬。

■GIUGIARO DESIGN Limited Edition ESTNATION Exclusive Model

 品番SBJG011、イタリアンカラーの配色が特長。3万9,000円、販売数量は500本。発売予定日は12月上旬~中旬。

■GIUGIARO DESIGN Limited Edition BARNEYS NEW YORK Exclusive Model

 品番SBJG013、オールブラックのカラーリング。3万9,000円、販売数量は500本。発売予定日は12月上旬~中旬。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードコラボレーションセイコーウオッチ

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース