九州電力、太陽光に加え風力発電も出力抑制の対象に

2018年11月6日 23:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 再生可能エネルギーによる電力供給が増えている九州電力管内では、供給が需要を上回る事態がたびたび発生している。そのため太陽光発電施設の一時的な稼動停止を依頼する「出力抑制」が複数回行われる状況となっていたが、11月3日には風力発電も対象に出力抑制が行われたとのこと(朝日新聞)。

 なお、抑制対象となる発電事業者は輪番で選ばれるとのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力

 関連ストーリー:
太陽光発電量が増えても既存の発電所を止められない理由 2018年10月24日
九州電力管内、電力需要減少で太陽光発電などに対し出力制御を求める可能性 2018年10月11日
九州電力管内、太陽光発電による発電量が受け入れ限界に近づく 2018年05月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード九州電力風力発電太陽光発電

「計画停電・電力需給・節電対策」の写真ニュース

政治・社会の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_society

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース