Google、過去2年間で48人をセクハラで解雇

2018年10月31日 22:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 Googleのスンダー・ピチャイ最高経営責任者は、同社が過去2年間にセクシュアルハラスメントで幹部13人を含む48人を解雇していた事を社員宛てのメールで明らかにしたそうだ(朝日新聞New York Times)。

 報道によると、Androidの創始者でGoogleでも開発責任者だったアンディ・ルービン氏が2014年に退職した背景には2013年に同僚に性的行為を要求したセクハラがあったが、同社は公表せず、退職金9千万ドルも支払っていたそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | Google | IT

 関連ストーリー:
Netflix、撮影現場などでセクハラ防止対策として5秒以上見つめてはいけないなどのルールを導入 2018年06月19日
pixivの社長、セクハラで提訴される 2018年05月31日
ハッカーイベントにおいて頻出するセクハラ行為 2012年08月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroid退職金

関連記事

広告