奈良県・宇陀市立病院の電子カルテシステム、ランサムウェアに感染

2018年10月26日 22:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 奈良県宇陀市の宇陀市立病院の電子カルテシステムがランサムウェアに感染し、データの一部にアクセスできなくなる問題が発生している(Security NEXT日経新聞)。

 ランサムウェアはデータを暗号化するなどしてアクセスできなくしたうえで、暗号化解除の引き換えに金銭を要求するもの。これによって電子カルテシステムの診療記録の一部が利用できない状況になっていたという。原因として「ウイルス対策ソフトが最新ではなかった」としている。感染経路についてはまだ特定できていないようだ。

 同院は金銭の支払いを行わず、感染したサーバーの性セットアップを行ってシステムを復旧させた。しかし暗号化されたデータについてはバックアップ用の磁気テープがセットされていなかったことが判明、アクセスできない状況が続いているようだ。そのため、データの復元をセキュリティ企業に依頼しているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ

 関連ストーリー:
ランサムウェアに身代金を支払っても半数以上がデータを失うという調査結果 2018年03月11日
ランサムウェアの身代金を横取りするTorプロキシサイト 2018年02月04日
ハッカーが医療業界への攻撃を強めている理由 2016年06月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティ奈良県ランサムウェア

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース