NECルーターの「IPv6 High Speed」、「3倍高速」数値も「元々が遅いだけ」との指摘も

2018年10月17日 22:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

grapefruit7曰く、 今年6月、NECの無線LANルーターが通信速度を高速化するという独自技術「IPv6 High Speed」を採用するという話が話題となったが、PC Watchがこの機能に対応するファームウェアを搭載したルーターの検証を行なっている

 「IPv6 High Speed」はIPv4 over IPv6(v6プラスなど)によるインターネット接続時に「通信速度が3倍になる」とうたっているもの。「IPv6のことを知り尽くしているからできた」と公式ページにはあるが、詳細は記述されていない。

 実際の測定結果を見ると確かに3倍速くなっているものの、そもそも対応前の速度が下り76Mbpsとv6プラスとしてはかなり遅い(環境によって違うがv6プラスでの実測は下り600Mbps程度)。Aterm自体の速度が遅いだけという見解もある(無線にゃん)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | IT

 関連ストーリー:
IPv6仕様が特殊なフレッツサービス、今度はNECの新ルーターで「フレッツジョイント」が問題に 2018年06月27日
「インターネットの父」、IPv6への移行ペースに不満 2018年06月13日
ヤマハやNECのルーターがv6プラスに対応 2018年06月06日
スマートフォンのインターネット接続、来年夏ごろにIPv6がデフォルトに? 2016年12月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNECファームウェア

「PC・ハードウェア・周辺機器」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース