サウジの反政府ジャーナリスト失踪、Apple Watchのデータに注目集まる

2018年10月16日 09:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 サウジアラビアの著名ジャーナリストのジャマル・アフマド・カショギ氏がトルコで行方不明となっている事件で、氏が殺害された際の音声データがApple Watchにより録音されていたとの報道がされており、注目が集まっている(TechCrunchiPhone Mania東洋経済毎日新聞)。

 この事件では、政府批判を行っていたカショギ氏がトルコのサウジアラビア総領事館に入ったのを最後に行方不明となっており、政府関係者により拷問・殺害されたとして国際的な問題となっている。氏はApple Watch Series 3を愛用しており、行方不明となる直前も、同期設定をした自身のiPhoneを婚約者に預け、領事館の前で待たせた上で、中に入ったとのこと。トルコ紙の報道によると、Apple Watchは氏が拷問・殺害された際の音声を録音しており、トルコ当局はそれを入手したという。

 一方でApple Watch自身は見つかっておらず、サウジアラビア側が持っているか破壊されたとみられている。また録音データの存在に対しても、「Apple Watchはトルコのセルラー通信をサポートしていない」「WiFiに接続できる状況ではない」「iPhoneとBluetoothで接続するには離れすぎている」「そもそもクラウド上のデータには第三者ではアクセスできない」ことから、データが送信されたとは考えにくいとの声も上がっている。果たしてApple Watchが事件解決の糸口となるのだろうか?

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 犯罪 | アップル

 関連ストーリー:
スマホ監視アプリSpyFoneで取得されたデータ、ネットで誰もがアクセスできる状態になっていた 2018年08月29日
スマートフォンが勝手に録音を行なってデータを収集している疑惑、Appleは否定 2018年08月14日
Amazon Echo、家庭の会話を勝手に他人に送信する誤動作。なんらかの音声を誤認識か 2018年05月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードクラウドiPhoneサウジアラビアApple Watchトルコ

「タブレット・ウェアラブル端末」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース